10月, 2015年

札幌から地方へ、ちょっと変則なお引越し 『赤帽BN運搬日誌』 27.10.17

2015-10-17

景気回復のせいか、おかげさまで先月、今月と、札幌から地方へのお引越しのお客様に、数多くご利用いただいています。

苫小牧、小平、音更、上川に北斗と、3月引越シーズン並みに、道内各地へのお引越しをさせていただきました。

先月は、津軽海峡を越え、青森へもお届けいたしました。

赤帽ブルーノート運送では、北海道内に限らず、全国各地へのお引越しを承っています。

ぜひ、ご相談ください。

 

話は戻り、本日も沼田町へ、荷物をお届けいたしました。

今回は、荷物は大きな家具家電のみ。トラック1台で載せることができたのですが、大型の冷蔵庫を階段で下す際、お手伝いいただける、男性の方がいらっしゃいませんでした。

そこで、札幌で荷物の積み込みの時だけ、赤帽の作業員を増やし、2名で作業いたしました。

沼田町へのお引越し料金、¥26,070に、札幌での増員分¥8,400を加え、しめて¥34,470で、お引越ししていただけました。

 

このように赤帽では、大きな荷物があっても、作業員の人数を増やすことで、対応させていただきます。

「家財数点だけ運びたい」、「一人暮らしの引越だけど、冷蔵庫だけ大きい」、こんな時でも、大きなトラックを使わずに、無駄なく荷物を運ばせていただきます。

もちろん、アルバイトではなく、経験豊富な引っ越しのプロが、責任をもって作業いたします。

Copyright© 2008–2018 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi