7月, 2016年

たまたまですが、翌日のお引越し、お引き受けできました 《赤帽BN運搬日誌 H.28.7.26》

2016-07-26

久しぶりに、普通のお引越しをご紹介。

たまたまですが、翌日の予定が空いていたため、急なお引越しを引き受けることができました。

 

お客様の受け入れ態勢も整っていたので、お電話をいただいた翌日の、昼前に荷物をお預かりし、稚内へ直行!

19:00頃には、お届けすることができました。

荷物は段ボールが10個のみと、少なかったため、引越し料金より若干安く、¥43000。百円以下はちょっとサービス。

 

今回は、たまたまスケジュールが空いていたり、お客様がいつでも荷物を受け取れる等の、様々な条件がそろい、お引き受けできた、レアなケースです。

通常、ご希望の日程でトラックを抑えるには、事前にご予約いただく必要があります。

荷造りや、お部屋の片付けなど、お客様の準備が済んでいないまま、お引越しを強行すると、作業時間が長引き、料金が高くなる傾向もあります。

赤帽も、「ご利用は計画的に」していただくと、お財布にやさしいお引越しができますよ。

 

北海道内、札幌のお引越しはこちら ⇒ http://www.akabou-bn.jp/moving-sapporo/

 

イベント機材、運搬及び一時預かり可能です 《赤帽BN運搬日誌 H.28 7.20》

2016-07-21

イベントやコンベンションに参加する際、機材や出品物の運搬は、みなさん悩みの種だと思います。

今回のお客様は、四国からコンベンションに出展された、医療機器メーカーさん。

展示用大型ディスプレイのケースが、開催期間中、会場に置く場所がなかったため、一次預かりをいたしました。

 

まず、ディスプレイ本体が設置された時間に合わせ、会場までケースを引取りに伺い、赤帽ブルーノート運送の倉庫で、3日間お預かり。

コンベンション終了後、ディスプレイは次の会場である東京へ空輸するため、新千歳空港貨物ターミナルまで運搬することに。

担当の方も、空港まで赤帽車の助手席に乗っていただき、無事、ANAカーゴへ引き継ぐことができました。

運搬終了後に、旅客ターミナルまで送って差し上げたのは、業務外のサービス。

 

今回は、会場での荷物の引き渡し方法や、コンベンション後の輸送方法など、当方が直接関わらないことにも、お客様の相談に乗ることができ、非常に満足していただけたケースでした。

 

料金は、運賃、保管料こみで¥15540でしたが、お客様に喜んでいただき、当方にとっても、料金以上に満足のいった仕事でした。

 

赤帽は、お客様のご都合に合わせ、スケジュールを組めることが強みです。

また、荷物と一緒なら、トラックに同乗していただけたり、荷物を一時お預かりしたりと、宅急便等ではできないサービスもあります。

運搬のさいに、お困りのことがありましたら、お力になれることがあるかもしれません。ぜひお気軽にご相談ください。

 

Copyright© 2008–2018 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi