11月, 2016年

久しぶりにハープの運搬です 《赤帽BN運搬日誌 H.28.11.22》

2016-11-22

某大学の吹奏楽部から、ハープ運搬の依頼がありました。

吹奏楽でハープとは、なかなか珍しいケースですが、市内の高校から、江別市内の練習会場へ運搬しました。

img_0769

背の高い、ハイルーフ使用の赤帽車なので、グランドハープも楽に載ります。

 

ただし、ハードケースのない楽器だったため、壁に貼り付けて固定することができませんでした。

そのため、毛布などをあてた上から、上部アーチから下向きにベルトをかけて、前後左右に引っ張りあうように拘束。荷台の中央に、直立させたまま固定しました。

 

今回、保管場所や、練習場での横持作業がなく、学生さんたちがトラックまで取りに来てくれたので、運賃は片道¥7480。

運搬に、最も気を遣う楽器ですが、学生さんたちの協力もあり、スムーズに作業することができました。

ありがとうございます。

 

「赤帽ブルーノート運送の、楽器運搬サービス」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport-m/

ご意見・ご感想 No.3 ご利用日 2016.11.12

2016-11-12

〇ご利用サービス:家具運搬

〇接客態度について:良い

〇作業内容について:良い

〇料金について:良い

〇コメント欄:

狭い部屋の中から迅速丁寧に大きなタンス二個を札幌から岩見沢まで運んでもらいました。
信頼のできる業者さんだと思います。
また何かの時はお願いしたいと思います。ありがとうございました。

 

〇ブルーノート運送から一言:

分解の必要なタンスのため、お時間がかかり申し訳ありませんでした。

大きなタンスでしたが、移送先でも、問題なく搬入でき、ほっとしています。

赤帽ブルーノート運送では、家具運搬以外にも、お引越し、楽器運搬など、様々なサービスを提供しております。

次は、家具運搬以外のサービスも、ぜひご利用ください。

ありがとうございました。

100年前の蓄音機 《赤帽BN運搬日誌 H.28.11.11》

2016-11-11

今回運んだのは、アンティークの蓄音機。

持ち主の方よると、100年ほど前ものだとか。

ご依頼主は、なんと北海道の有名酒蔵、小林酒造さんでした。工場内に開業時から伝わる、アンティーク品の展示室あり、そこに収めるそうです。

img_0756

運んだ蓄音機は、高さ100×巾30㎝ほどの小さなもの。

木製の四角いカバーにすべて内蔵され、機器類が露出したり、外せない突起物もなく、重さも約30㎏と軽量。

家具用パットで、きれいに梱包することができ、アンティーク品としては、信じられないほど、苦労せず積みこめました。

img_0753

札幌市内から栗山まで、1時間ほどで移動し、無事、古風な内装の石倉に収めることができました。

img_0755

 

残念ながら、札幌でお客様試運転した際、数十年ぶりの仕事に耐えきれず、蓄音機は壊れてしましました。

ただ、10秒ほど聞けた音色は、CDや、ダウンロードされた音楽などとは、比べることもできないような、柔らかい、心休まる音でした。

ぜひ修理して、酒蔵を訪れた人たちに、聞いてもらいたいものです。

 

古美術品や、特殊な機械などの運搬は、毎回苦労させられます。

今回は、本当にラッキーなケースでした。

 

アンティーク家具や、オーディオ機器、珍しい楽器類など、他所の運送会社では断るような案件も、赤帽の小さなトラックで運べるものなら、赤帽ブルーノート運送ではお引き受けしています。

もちろん、本当の専門家でないと、手に負えないようなケースもありますが、お客様と相談しながら、できるだけ予算を抑えて、安全に運搬できる方法を、ご提案させていただきます。

「運びたいけど、どこに頼んだらいいのか、見当もつかない!」。そんな時は、ぜひご相談ください。

 

「各種荷物の運搬」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport/

「楽器・美術品運搬サービス」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport-m/

 

 

2か所以上で、家具の入替、交換 《赤帽BN運搬日誌 H.28.10.31》

2016-11-01

お子さんが生まれたり、家を新築された時などに、ご実家と冷蔵庫などを入れ替えたり、ご友人から家具をもらう。

まだ使える家財が手に入り、ありがたい話だけど、自分たちでは運ぶのはちょっと・・・。

お引越しだけでなく、こんなケースでご相談いただくことが、よくあります。

 

今回の案件も、ご家族間で家具のやり取りをされるお客様でした。

お子さんが大きくなり、元々ご自宅にあった、2ドアの冷蔵庫が小さくなったため、ご兄弟の家にある、中型の冷蔵庫と入れ替えることになったそうです。

 

まず、お客様のご自宅で、小型冷蔵庫1台を積み込み。

次に、ご兄弟の家の行き、積んできた冷蔵庫と、中型冷蔵庫と交換。ついでにタンスと、段ボール類、その他の荷物も若干積み込み。そして、最初の家に戻り、家具類を設置して終了しました。

中央区内のすぐ近くのマンションからマンションでしたが、階段作業もあったので、ご主人にトラックの助手席に同乗してもらい、どちらのお宅でも、お手伝いしていただきました。

往復作業でしたが、冷蔵庫以外の荷物も複数あったため、一連の引越し作業とみなし、料金は¥11880でお引き受けしました。

 

今回のように、2軒の家で、家具類を交換する場合以外にも、運んできた家具を入れ替えた後、古い家具は処分する。そんな場合も、不要になった家具家電の処分まで、赤帽ブルーノート運送にお任せください。

お客様のご要望に沿うよう、最適の方法をご提案いたします。

 

《北海道内のお引越し》 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/moving-sapporo/

《家具家電等の運搬》 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport/

 

 

Copyright© 2008–2018 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi