12月, 2016年

平成29年も、赤帽ブルーノート運送を宜しくお願い致します! H.28.12.31

2016-12-31

平成28年も、残すところ後数分となりました。

旧年中は、赤帽ブルーノート運送をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 

年始は、平成29年1月5日より、通常営業しております。

 

来年も引き続き、荷物とともに、わずかでも幸せをお届けできる、そんな赤帽になれるよう、一層努力していきたいと思っております。

平成29年も、赤帽ブルーノート運送を、お引き立てくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

平成28年12月31日

赤帽ブルーノート運送 代表 長谷川尚輝

 

雪の仁木町へ。ご家族総出でお引越し 《赤帽BN運搬 H.28.12.18》

2016-12-18

雪で渋滞だらけの札幌を抜け出し、雪景色が美しい、仁木町へのお引越しです。

 

娘さんのお引越しだったのですが、ご両親と弟さんが手伝いに来て下さいました。

札幌は、アパートの3Fから荷物を出すのに、エレベータのない建物。ちょっと大変な作業になると覚悟していたのですが、ご家族全員、びっくりするほどよく動く!

家族中も良いらしく、チームワークも抜群。私はほとんど、トラックから離れられないほどのペースで、どんどん荷物が降りてきました。

 

到着したご実家では、さらにおばあちゃんまで増員され、トラック一杯に積んだ荷物が、あっという間に屋内に消えていきました。

ここまで、ご協力してもらえるお客様もめずらしい。本当にありがとうございました。

久しぶりに渋滞から解放され、仁木まで約70㎞。引越料金は、¥20,580也。

 

通常、3F以上の階段作業がある場合は、荷物の量に関係なく、作業員2名以上での対応になります。

ただ、荷物の内容によっては、今回のように男性のお手伝いがあれば、作業員1名でも、お引き受けできます。

(大型冷蔵庫や、セミダブル以上のマットレスなど、運ぶのが難しい荷物がある場合は、危険なので、お客様のお手伝いがあっても、作業員2名となります)

 

特に、作業員2名になると料金が高くなってしまう、遠距離のお引越しにお勧めです。

今こそ家族の絆を発揮して、引越し代を節約しよう!

 

「北海道内のお引越し」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/moving-sapporo/

雪が降ったら自走はムリ!冬季のバイク陸送、お任せ下さい 《赤帽BN運搬日誌 H.28.12.9》

2016-12-09

札幌は、ついに本格的な積雪のシーズンになってしましました。

今年は、早いですね・・・もっと遅くていいのに。

 

雪が降ると、冬季の保管場所への移動や、自走でお引越しできなくなった、バイク運搬の問い合わせが、多くなります。

 

今回も、その一例。

真駒内のマンションから、平和のご親戚の一軒家への、市内の陸送でした。

車両は、ネイキッドタイプの250cc。

 

真駒内は、広くて平らなスペースがあったので、何の苦労もなく載せられましたが、問題は山際の西区平和!

お宅は急なスロープを、トラックごとバックで入っていかなねばならず、結局下り方向に、かなり傾いたまま駐車。

バイクを置く予定の場所は、軽く雪をどかしておいてもらったものの、作業するスペースには、全く足りず、予想通り庭の雪はねから始めることに。

 

雪はねにかかった時間も含め、料金は¥8860なり。

夏場の倍以上の時間をかけ、ようやくトラックから降ろすことができました。

 

これからの時期でも、バイク陸送はお引き受けしております。

ただ、積雪の状態によっては、バイクを押すのをお手伝いいただいたり、除雪していただいたり、お客様にご協力いただく部分が増えますので、ご了承ください。

 

「赤帽のバイク陸送」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/motorcycle/

 

大学、研究関係者の皆さん、学会準備お手伝いします 《赤帽BN運搬日誌 H.28.12.2》

2016-12-02

学会を主催される、北大の研究室からのご依頼です。

 

学会会場へ、パネル展示用のパーテーション(180×90㎝)と、スタンドを40セットを運搬ししました。

パーテーションは、厚さ3㎝程度の、軽いものだったので、トラックの中に並べて立てて、余裕をもって載せられました。

スペースが余ったので、ついでに飲物、軽食の段ボール10箱ほども載せてあげました。

 

本来は定山渓の、某有名ホテルだったのですが、食中毒であえなく営業停止してしまったので、急遽、キロロに変更。

赤井川まで、猛吹雪のなか山道を走ることに( ゚Д゚)

 

今回は、急遽届け先が変わったせいで、スケジュールがタイトになり、往復ともに高速使用(札幌北⇔朝里)。

その分料金は、少し高くなり、¥38530(往復)なり。

 

大学、研究関係の皆様、学会の主催当番校になり、準備でご苦労されていませんか?

器材や資料を、会場に大量に運ぶ際は、赤帽のトラックがちょうどいいサイズですよ。

 

学会に限らず、各種イベント、コンベンション等の、資機材の運搬にも、ぜひ赤帽ブルーノート運送をご利用ください。

札幌市内に限らず、北海道内どこへでもお運びいたします。

 

「各種荷物の運搬」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport/

Copyright© 2008–2018 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi