6月, 2019年

荷物がトラック1台分でも、作業員2名になることもあります。《赤帽BN運搬日誌 2019.6.23》

2019-06-24

荷物があまり多くなくても、運ぶ荷物や、お宅の環境によっては、お客様のお手伝いがあっても、作業員1名ではお引き受けできない場合があります。

今回は、荷物はトラック1台で積みきれるけれど、作業員2名でのお引受けになった、お引越しの実例をご紹介します。

 

引越自体は、豊平区内のごく近距離で、単身のお客様。

ただ、運ぶ荷物の中に、400Lの冷蔵庫と、セミダブルのベッドがあり、しかも現住所が、エレベーターの無い2Fのお部屋でした。

このサイズの冷蔵庫を、アパートの狭い階段で、3Fから降ろすのは、毎日引越しをしている私達でも、かなり骨の折れる作業です。

重量も75㎏前後あり、これを階段の傾斜や凹凸に合わせて角度を変えながら、壁や床を気づ付けないよう支え続けるのは、慣れていない方のお手伝いでは、やはり無理があります。

できるのは、自衛隊さんくらいでしょうか?

まあ、お客様の体力や経歴は、さすがに分かりかねるので、こういった場合は、作業員2名でのご依頼を、お願いしております。

 

今回のお客様は、ご結婚予定で、相手のお部屋に移り住むにあたり、冷蔵庫、ベッド以外の家具家電は、ほとんど処分されるそうで、あとは段ボール15箱程度、その他雑貨、小型家電等でした。そのため、荷物は赤帽のトラック1台で、楽に収まりました。

洗濯機などの取り付けも必要なく、作業は2時間以内の基本料金内で終了。

札幌市内、作業員2名でのお引越し、税込¥23,760也。

 

赤帽では、通常お客様に作業をお手伝いいただければ、作業員1名でおうかがいし、その分、低料金で運送をお引受けさせていいただいています。

ただ、安全や作業慣れしていない方の体力などを考慮すると、やはりどんなケースでも、お客様のお手伝いだけで、お引受けできるわけではありません。

具体的に、2名での作業をお願いしているのは、荷物なら「大型冷蔵庫、ドラム式洗濯機、ダブル以上のベッド、3人掛け以上のソファ、大型収納家具類」等々です。

また、エレベーターの無い3F以上のお部屋での作業の場合も、2名作業をお願いすることがあります。

一律に基準があるわけでは無く、荷物の総量や、各現場の状況、エレベーターの有無などを、総合的に判断し、できるだけ安全性と低料金を両立できるよう、最適な運送プランをご案内しています。

 

赤帽にご依頼されるからには、料金が安いことを第一に、ご期待されていると思います。

ただ、作業員2名でお引越しされても、札幌市内なら¥24000程度。サカイやアートなど、大手に比べると、十分安く済みます。

無理をして¥10000を浮かせても、建物を傷つけ修理費用がかかったり、けがをして治療費がかかってしまえば、もとの木阿弥。

お引越しは、荷物を運ぶ当日だけでなく、事前の準備も、移転後の後片付けも、どちらも大変な作業。

一番体力を使う「運ぶ」、に関してはプロにお任せいただき、余裕をもって、準備と片付けに力を注いでください。

 

「赤帽のお引越し」⇒ http://www.akabou-bn.jp/moving-sapporo/

置く場所があれば、我が家に欲しい!古楽器 オルガン編 《赤帽BN運搬日誌 2019.6.21》

2019-06-21

久々の投稿。忙しさにかまけ、すっかりさぼってしましました。

 

少し前になりますが、アンティークの足踏みオルガン運搬の依頼をいただきました。

100年以上前に製造されたもので、教会から譲ってもらったそうです。

あちこちメンテナンスも入った形跡があり、状態は非常に良好。装飾も素晴らしく、置く場所さえあれば、我が家にも欲しい!そんな逸品でした。聴かせていただく機会はありませんでしたが、現役で演奏もできるそうです。

 

運搬自体は豊平区内の近距離で、階段作業もなかったため、あっさり完了。良い木材を使って、造りがしっかりしている分、エレクトーンなどより、よっぽど運びやすい。

どちらも一戸建ての1Fで、作業員2名での作業。運送費は¥23,780也。

 

こういった、古い楽器や、珍しい楽器運搬の相談が、たまに来ます。

古くても良い物を引き継いで、大切にしている人たちがいることを知ることができ、直に触れる機会を頂けることに、感謝です。

 

「楽器運搬サービス ブルーノート」⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport-m/

Copyright© 2008–2019 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi