10月, 2017年

電子ドラムを、大阪に送る。道内、道外、どこでもお届けします! 《赤帽BN運搬日誌 H.29.10.29》

2017-10-28

楽器の運搬事例が続きますが、珍しいケースだったので、紹介します。

 

運んだのは電子ドラム、多分「Roland V-Drums TD-20」かな?細かい機種までは、聞きませんでした。

函館のお客様が、オークションで大阪の取引相手にお譲りするそうで、いったん函館から札幌の当店に運び入れ、札幌で梱包を施し、懇意の運送会社の、大阪行きの便に便乗させてもらい、大阪に発送するという、とんでもない長距離の運送になりました。

もとはこんな楽器 ↓

 

これを分解できるところはバラし、長距離の混載に耐えられるよう梱包した結果、こうなりました↓

パッド、ケーブル類は、音源と一緒に箱詰め。フレームは、分解すると、元に戻すのがとんでもなく面倒になりそうなので、そのまま梱包しました。

 

壊れやすい、ハイハットもこの通り↓

一番デリケートな、シンバルを可動させる部分も、なるべくパーツを外し、硬い紙筒で補強しました。

私の自宅にも電子ドラムがあるのですが、Rolandのもっと安い機種。

正直、この楽器欲しい!のですが、仕事なので、未練をのこしつつ、大阪に送り出しました。

自分で落札すればよかった。送料タダだし・・・

 

運送料金は、諸々こみで¥60,000也。

 

そんなわけで、電子楽器も、アナログ楽器も、道内、道外問わず、赤帽ブルーノート運送では、お取り扱い可能です。

大手運送会社が、軒並み楽器を取り扱ってくれない昨今。楽器運搬でお困りの方、ぜひ赤帽ブルーノート運送にご相談ください。

 

「楽器・美術品運搬サービス」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport-m/

「赤帽の道外発送便」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/moving-all/

札幌以外でも、楽器運送お引き受けできます。 《赤帽BN運搬日誌 H.29.10.9》

2017-10-09

赤帽ブルーノート運送では、電子鍵盤楽器の運搬に特に力を入れています。

20~30年前の初期の電子ピアノやエレクトーンから、各メーカーの最新機種まで対応できるよう、豊富な運搬実績をもとに、日々技術を磨いています。

 

もちろん、札幌以外でも、道内全域に対応しているほか、大手運送業者が嫌がる、道外への梱包発送も、お引き受けしています。

そこで、今回は道内の運搬事例のご紹介です。

 

空知の奈井江町から、札幌市内まで。運んだ楽器は、YAMAHAエレクトーン、ステージアELS-01。

1世代前のエレクトーンですが、まだまだたくさん使われています。

 

現行のELS02と、基本構造は全く同じ。もちろん中身は別物ですが、外見上違うのは、色と固定しているネジだけ。

ほとんどの部品は共通なので、同じ方法で運搬することができ、運送屋としては、大変助かります。

 

今回のお客様は、札幌に住む師匠に、使わなくなった楽器を、お譲りするそうです。

 

料金は、¥25890也。

ピアノ運搬の専門業者に比べると、かなり安い金額のはずですが、電子ピアノ、エレクトーンの運搬に限っては、取扱い技術に引けはとりません。

電子ピアノやエレクトーンを、道内で運びたいお客様。一度、赤帽ブルーノート運送にご連絡ください。

 

「ブルーノート運送の楽器運搬サービス」 ⇒ http://www.akabou-bn.jp/transport-m/

Copyright© 2008–2018 札幌ブルーノート運送 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi